teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:91/2976 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

点火時期進角アダプタ

 投稿者:GPz250  投稿日:2017年12月 6日(水)20時50分58秒
  通報
  管理人様

2017年6月頃に投稿しましたGPz250です。
その後、HT-ROCKETと純正CDIと併用しておりました。
純正と比較すると点火時期の進角がないのでPICを使用した
進角アダプタを作ってみました。

私のGPz250は、マニュアルによると進角は、上死点前 12°/1250rpm→42°/3100rpmです。
ピックアップの波形を見てみると2波を使用していました。
2波から2波の間隔、1波と2波の間隔から計算すると差は約30°でした。

もしかして、アイドリングは2波、3000rpmの手前で1波へ切り替えで良いのでは?と考え、PICを購入していろいろ実験してみました。

ShibaさんやRIGHT STUFFさんの XS650用(2気筒用なので大変参考になりました)を参考にプログラムや回路を考えました。

まったくの素人なので、最初はLEDを点滅させるプログラムをWEBで見ながら勉強し、約3ヶ月かかりましたが、やっと完成しました。点火時期進角の急な変化も感じられず、良い感じです。9000rpm以上回らなかった事も解消され11000rpmのレッドゾーンまで気持ちよく回るようになりました。

HT-ROCKETはそのままに、メインハーネスとHT-ROCKETの間に入れるタイプとしたので、万一PIC部が壊れても、配線をジャンプすれば(4芯コネクタを差し替えるだけ)HT-ROCKET単独で走る事ができます。

素人の仕事なのでムダも多いと思いますが、回路図をアップさせて頂きます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:91/2976 《前のページ | 次のページ》
/2976