teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:27/1820 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小学生に学ぶ

 投稿者:事務局長  投稿日:2021年 2月 4日(木)10時41分7秒
  通報
  関わっている小学3年生のショーの話。

ディアボロチームが二つあって。
一方の4人組は、誰が何をやり、次に誰が何をやるかキッチリ決めていて、4人で一つの絵を見せようとしている。
1人ずつ技を見せる場面もあるが、それも順番に、1技ずつで無駄な事はしない。

もう一方の5人組は、同じ様に流れは決めてはいるようだが、同じ様に一人ずつ技を見せる場面はあるが、いくつか技が出来る(と思っている)子は、いくつもやる。無駄に。
1人ずつやった後は、更に全員で各々やりたい技をやる。
これは、やりたいから見せたいからやるというだけの、自己中心的な考え。お客さんの事を考えていない。

小学生の2チームに見せられた、いいショーの真理。

大人のショーでもたまにいる「自分がやりたいだけ見せたいだけ」のお客さん置いてきぼりなショー。これをやられると見てる方はつまらない。

もう一点付け加えておくと、いい方の4人組が何故そういう構成がちゃんと作れたのか。
それは、しっかりと相談、意思の疎通が出来ているからに他ならないと思う。
チームの場合、そこ、重要。

 
 
》記事一覧表示

新着順:27/1820 《前のページ | 次のページ》
/1820